□ トップ > SRXの強み

SRXの強み

スーパーレックスの3つの強み

当社は、3PL業者として今まで培ってきた多種多様なノウハウにより、お客様のニーズにお応えするご提案を、させて頂いております。
当社の強みである「提案力」「現場力」「物流システムを軸に、コンサルティングからシステム設計、庫内オペレーションまで全てを網羅し、お客様のパートナーとしてお役に立ちます。
SRX3つの強み。「提案力」「現場力」「物流システム」

提案力

当社の実績を活かし、多種多様なニーズにご対応させて頂きます。
お客様より、現状のヒアリングとデータ分析に基づき、物流の効率化・品質向上をご提案いたします。

 

目的と内容等をご確認させて頂きます。
現在の物流環境・商流・現地調査等を実施いたします。
ご提供頂いた情報と調査情報を基に分析と検討をさせて頂きます。
物流の最適化をご提案いたします。

経営陣から現場運営まで一気通貫でサービスをご提供させて頂いており、庫内運用に関しては、再委託することなく専門知識と豊富な経験を兼ね揃えた社員とパート社員で運営させて頂き、波動に合わせた物流の最適化を実現いたします。

お客様への納品リードタイムの短縮といったサービスレベル向上を目的とした複数拠点のご提案、商材に合わせた最適で且つ高品質なオペレーションをご提案いたします。日々の出荷実績から適正在庫を把握し、KPI指数としてご提供することも可能です。また、収支日計表を活用した日々の収支管理により、コスト削減を実現いたします。

お客様のパートナーとして、物流を通し利益を還元させて頂きます。

ページの先頭へ戻る

現場力

当社では、庫内運営(荷役・流通加工等)を行いながら、作業手順書を基に、社員とパート従業員の全員参加による業務改善を遂行しております。

当社の物流サービスの差別化のポイントとして、
①雇用から庫内運用まで当社の社員とパート従業員が業務を行っております。
②物流の「定例会」と物流の「可視化」を行い情報の共有化を図っております。
③パート従業員の「多能工化」体制を構築し、物量に合わせた変動費化(固定費の削減)
を図っております。

お客様への納品リードタイムの短縮といったサービスレベル向上を目的とした複数拠点のご提案、商材に合わせた最適で且つ高品質なオペレーションをご提案いたします。日々の出荷実績から適正在庫を把握し、KPI指数としてご提供することも可能です。また、収支日計表を活用した日々の収支管理により、コスト削減を実現いたします。

お客様のパートナーとして、物流を通し利益を還元させて頂きます。

 

当社社員での運営体制
当社では、再委託することなく専門知識と豊富な経験を兼ね揃えた社員とパート従業員が業務を行っております。 再委託では、厳かになりがちな品質改善や生産性向上を当社が雇用から庫内運用まで一貫して管理する事によって、さらなる品質向上やコスト削減をお客様にご提供できる環境を整えております。
パートリーダー制
「パートリーダー制度」の導入により、パート従業員主体の現場づくりを行い、物量に合わせた人件費の変動費化(固定費の削減)を図っております。
そうすることで全員参加により、モチベーションアップにも繋がります。現場の第一線で働くパート社員と話合いの場を設け、現場作業だけでなく、職場の問題提起や改善活動にも積極的に参加する体制づくりを行っております。
情報の見える化
改善ルールや目標数値は、社員とパート従業員が共に作り上げ、掲示板を活用しセンター全体へ情報の見える化を行っております。
また、KPIの設定や作業改善報告の設定など、お客様と情報を共有し尚且つ、庫内に表示することにより、物流の中身をお客様と当社社員全員がリアルタイムに把握できる環境を整えております。
収支日計表
当社では、物流センターで毎月発生する経費を『日単位』にブレイクダウン、日々決算のつもりで取り組んでおります。
社員・パート人件費、配送費はもとより、倉庫賃料・設備償却費なども『日単位』に落とし込んでおります。収支日計表による日々の収支管理、無理・無駄の排除、コストの見える化を追求し、センターの健全な運営を目指します。
前年同月・同曜日・前週・前日や同物量日と比較する事により、コストの増減をタイムリーに把握し、増加している場合は原因追求→対策を、削減している場合は削減理由を明確にし、更なる高みを目指していきます。
物流の『定例会』
お客様との物流定例会を実施し、運用・品質・作業改善の提案を行い、お客様が満足する物流サービスを構築し、常にサービスレベルの向上を目指しております。
安全衛生活動
社内全体で安全衛生運営体制を構築しております。
各センターでは毎月点検を行い、危険箇所・改善箇所の早期発見・早期改善を行います。 東日本・西日本の地区に区分けし、2ヶ月に一度全体安全委員会を行い、意見交換、情報の共有化を 図っております。リスク把握・情報の共有化を図る為に、リスク分析表を作成するとともに、リカバリー対策も構築いたします。

フォークリフトでの作業も発生するため、朝礼・昼礼・終礼での安全唱和を行っております。 フォークリフトを運転する際には、安全ベストの着用も義務付けております。基本動作を明確にするために、当社で独自のDVD(フォークリフト安全運転社内基本ルール)を作成し、周知徹底を図っております。

ページの先頭へ戻る

物流システム

トータル物流システム

多種にわたるお客様のニーズにお応えする事は勿論、製造業務、販売業務、請求業務までを視野に入れた経験に基づくトータル物流システムをお客様と共に構築させて頂きます。

※お客様の業種に特化した物流パッケージを数多くご用意しておりますので、システム化コストを極力軽減することが可能です。

■パートナー企業との連携ソリューション
※下記バーナーリンクでパートナー企業のソリューション紹介ページを新規ウィンドウで開きます


 

 

 


信頼性

提携データセンターに弊社専用の環境を用意しておりますので、ご安心してお任せくだい。


  • 1. リアルタイムな情報共有
  • 2. システム導入コストの軽減(インフラ環境構築等)
  • 3. 物流拠点の拡張/縮小にも容易に対応
  • 4. お客様情報の保護
  • 5. IT内部統制用資料のご用意

【外部サイト】

提携データセンター   http://www.big-link.com/

ページの先頭へ戻る
お問合せ お問い合わせメールフォーム