□ トップ > 物流用語集 た行

タリフ  【Tariff】

「関税率」「料金表」のこと。 国内物流用語としては、トラック運賃表や運賃そのものを指す。


ダブル・カートン  【Double Carton】

普通の段ボールより強度がある二重構造になっているカートンのことで、国際輸送に適している。

ページの先頭へ戻る

 

チャーター便

自動車、船舶、航空機などの輸送機関の全部又は一部を借りきる専属輸送のこと。


調達物流

調達物流は、生産工場がサプライヤーから原材料、部品、資材などを調達する物流、あるいは小売会社、卸会社が商品を仕入れる物流を指す。
モノの流れを区分する際に、「調達物流」「生産物流(工場内物流)」「販売物流」「回収物流」と区分することが多い。


チルド食品

+5℃~-5℃のチルドの低温温度帯で管理する食品のこと。

ページの先頭へ戻る

 

通運事業 

鉄道貨物輸送に直結して、所定駅までの集配、鉄道貨車への積み降ろしなどを行う、鉄道輸送の補完的役割を担う事業。

ページの先頭へ戻る

 

定温倉庫

穀物・豆類などの食糧、ワインなどの飲料水は、それぞれの適正に応じた温度管理が必要となる。温度を一定範囲(10℃~20℃など)に保つ機能をもった倉庫のこと。


低温物流 

冷凍・冷蔵・定温の3温度帯の物流全般を指す。冷凍・冷蔵倉庫や冷凍・冷蔵車輌を用いる。


定量発注方式 

在庫がある水準(発注点)まで減少したときに発注する方式で、発注量を一定にするので定量発注方式と呼ぶ。適正在庫を保持するための発注量のコントロールが重要である。


デジタルソーティング  【Digital Sorting】

ソーティングシステム(自動小物仕分機械)の管理機器が、商品のバーコードを読み取り、入力済指示に従い品種別、発送方面別など所定の場所に応じた単位に仕分けること。


デジタルピッキング   【Digital Picking】

コンピューター管理により、デジタル表示機に表示された出荷数に従って、保管棚から商品を摘み取っていくシステム。
従来の伝票と照合しながらの作業に比べ、迅速・正確に処理できる。


デバンニング   【Devanning】

海外から船便で海上コンテナに詰められて輸入される場合、海上コンテナを開梱し貨物を取り出す作業のこと。
反対に輸出の際にコンテナを詰め込む作業をバンニング(Vanning)と呼ぶ。


デポ 【Depot】

物流業界では、物流センター、配送拠点、貨物や海上コンテナの一時保管場所のことを呼ぶ。


テールゲートリフター 【Tailgate Lifter】

トラックの後部(テールゲート)に装着された荷物積み卸し用の昇降装置(パワーゲート)のこと。
荷物を載せたまま床面と地面の間を上下するので、フォークリフトなどの機器を使用せず比較的重い荷物の積み卸しができ省力化ができる。

ページの先頭へ戻る

 

ドッグシェルター  【Dog Shelter】

冷凍・冷蔵食品、電子精密機器などの温度管理が必要な物流センターの入出荷口とトラックとの隙間を埋める装置。
気密性、クッション性に優れ、センター内空調の保冷・保温を保ち、外部からの雨風、害虫、埃の侵入を防ぐ。


ドックレベラー 【Dock Leveler】

トラックを物流センターに着ける際に、トラック荷台の高さと、プラットフォーム高(センターの床高)はまちまちなので、プラットフォームの段差をなくしスムーズにトラック台車へフォークリフトや台車を誘導する装置。


ドライカーゴ 【Dry Cargo】

冷凍、冷蔵、液体、生鮮、動植物など以外の通常貨物の総称。冷凍装置など特殊な機器などでの扱いが不要で通常の物流センターや輸送機器で対応できる貨物。 乾貨物とも呼ぶ。


トランクルーム   【Trunk Room】

一般消費者や企業を対象にした、家財や書類などの小口貨物の保管サービスのこと。


トレーサビリティ   【Traceability】

「追跡可能性」のこと。「食の安全」を担保するため、産地、生産、加工、流通、販売各段階でのさまざまな情報を記録し追跡できることを指す。


ドレージ  【Drayage】

輸出入貿易物流で、主に海上コンテナを開梱せずに直接目的地まで陸送する方法のこと、またその陸送料金のこと。コンテナ・ドレージ(Container Drayage)と呼ばれる。


トンキロ   【Ton-kilometersl】

貨物輸送量を表す単位。1tonの貨物を1km運んだ場合は、1 トンキロと表す。

ページの先頭へ戻る