□ トップ > 物流用語集 か行

カートピッキング 【Cart Picking / Picking cart system】

カート(台車)を使用し商品を集めること。ピッキングカートシステムは、台車に表示された指示に従って、保管棚から商品を摘み取って台車の各間口に仕分ける台車式ピッキングシステムのこと。 ピッキング/検品/仕分けが同時に処理できる。


回収物流

一般廃棄物や産業廃棄物、不良品、リサイクル品の回収を行う物流のこと。静脈物流ともいう。


カウンターフォーク  【Counter Balance Forklift】

後部に重り(カウンターウエイト)を備える一般的な形状のフォークリフト。
長所はリーチ式より機種やアタッチメントの種類が豊富なこと、短所は小回り性能がリーチ式より劣る。


カンバン方式

「カンバン」は、トヨタ生産方式においてJIT(Just-in-time)生産で用いられる生産の指示票のこと。カンバンには、部品名及び数量が記載される。
このカンバンを工程間、納入業者との間でやりとりすることで生産管理を行うもの。


かご車   【Roll Box Pallet】

物流センター仕分場での一時保管、搬送用の運搬台車の一種。
かご様式の容器にキャスターを取り付けたもので、 ロールボックスパレットとも呼ぶ。

ページの先頭へ戻る

 

共同配送

同一カテゴリーの商品を配送先ごとに積み合わせて一括配送すること。配送効率化、ローコスト化とともに配送先の荷受作業の効率化も図ることができる。

ページの先頭へ戻る

 

クロスドック・オペレーション  【Cross Docking Operation】

複数の荷主から入庫した商品を物流センターで在庫することなく、到着したら直ちに仕分けして一括出荷/納入する物流。
余剰在庫を持たずリードタイムの短縮、配送コスト削減が図れるが、ジャストインタイムの入庫が条件となる。

ページの先頭へ戻る

 

コールドチェーン  【Cold Chain】

産地から消費者まで冷凍、冷蔵、低温の状態で生鮮食品等を流通させる方式のこと。 生鮮食品の鮮度を落とさずに提供できる。


個建て運賃 

貨物1個(1梱包)当たりいくらという運賃のこと。サイズ、重量、距離(地域)区分により決められる。


5S

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」のこと。


固定ラック

 物流センターの床に固定された棚のことで、パレットや商品を収納する。 保管効率を高め、梱包崩れ、汚れを防ぐ。


コントラクトロジスティクス  【Contract Logistics】

荷主からサードパーティー・ロジスティクス事業者が、長期契約でロジスティクスを一括して請負うこと。

ページの先頭へ戻る