□ トップ > 物流用語集 D~F

DAS  【ダス/Digital Assort System】

デジタルアソートシステム。 保管棚ごとに設置したデジタル表示器に表示された指示数に従って、棚入れを行う仕分け作業支援システムのこと。


DC  【ディーシー/Distribution Center】

在庫保管型の物流センターのこと。一方、通過型の物流センターはTC(Transfer Center)と呼ぶ。


DCM  【ディーシーエム/Demand Chain Management】

DCMは、需要サイドからサプライチェーンを統合管理する戦略のこと。SCMは供給者側からのチェーンマネジメントで、DCMは顧客(消費者の価値観に基づいた小売)からのチェーンマネジメントであり、小売業のSCMともいえる。


DPS  【ディーピーエス/Digital Picking System】

デジタルピッキングシステム。 保管棚ごとに設置したデジタル表示器に表示された指示数に従って、ピッキング(集荷)を行う作業支援システムのこと。

ページの先頭へ戻る

 

ECR  【イーシーアール/Efficient Consumer Response】

効率的消費者対応。メーカー、卸、小売の連携によって、消費者のニーズに迅速に、効率的に応えていこうとする取組みのこと。米国の食品業界団体で構築され、実践されてきた概念。リードタイムの短縮、在庫圧縮による低コスト化を推進する。


EDI  【イーディーアイ/Electronic Data Interchange】

電子データ交換。 コンピューターネットワークを介して、企業間の受発注や帳票類のやりとりしていた業務をオンラインで行うこと。


EOS  【イーオーエス/Electronic Ordering System】

電子発注システム。 発注業務を一元管理し、ネットワーク経由で発注すること。 発注側がハンディーターミナルなどを使い発注量を決定し、迅速かつ正確な発注作業が行え、リードタイム短縮や多頻度納品を低コストで実現できる。

ページの先頭へ戻る