□ トップ > 物流用語集 あ行

アウトソーシング  【Outsourcing】

「外注、外部委託」のこと。「 物流アウトソーシング」は、社内の物流業務を外部の物流専門会社に委託すること。


アカウンタビリティー  【Accountability】

「説明の義務・責任」のこと。企業は資金を適正に運用して株主等のステークホルダーに経営状況等を説明する義務・責任がある。


アセット型  【Asset based type】

アセットは「資産」のこと。物流センター、輸送手段、情報システム等の資産を自社で保有して物流サービスを提供するサードパーティー・ロジスティクス事業者のこと。
こうした資産を直接保有せずに、外部の資産を使って物流サービスを提供する事業者をノンアセット型と呼ぶ。


アソート  【Assort】

「仕分け、分類する」こと。物流センターで、入庫した商品を所定の保管場所に搬入(棚入れ)し、出荷時に出荷先別に指示された単位ごとに仕分ける作業のこと。


安全在庫

需要変更や補充期間の不確実性を吸収し、品切れや欠品を防ぎ安定したサービス水準を維持するために必要となる在庫のこと。

ページの先頭へ戻る

 

一括物流

多店舗展開の小売店への納品を、専用の情報システムを駆使して複数のメーカーや卸からの商品を物流センターでとりまとめて、一括して各店舗に配送する物流のこと。


一貫パレチゼーション・パレチゼーション  【Palletization】

荷物を出発地から到着地まで、同一のパレット積みのまま輸送・荷卸し・保管すること。
作業時間の短縮はメリットとなるが積載効率や保管効率が悪くなるデメリットがある。


一般貨物自動車運送事業

不特定多数の荷主の需要に応じ、トラックを使用して貨物を運送する事業のこと。

ページの先頭へ戻る

 

ウイング車   【Wing body】

バン型トラックの荷物室の側面を跳ね上げて、トラックの側面から積み卸しができる方式のトラックのこと。


運行管理者  

事業用自動車運行の安全を確保するため、運転者の乗務割りの作成、安全運行の指導監督等を行う。一定の数以上の自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者を選任しなければならない。


運行三費 

トラック等の運行管理に必要な変動費で、「燃料油脂費」「修理費」「タイヤ、バッテリー費」のこと。


運送取次事業 

荷主と運送事業者の運送契約を仲介する事業で、コンビニなどでの宅配便取次事業がある。以前は登録制だったが、現在はその規制が撤廃され、誰でも自由に行えるようになっている。

ページの先頭へ戻る

 

営業トラック  

専用輸送を行う「チャーター便」と、複数の荷主の貨物を積み合わせて輸送する「混載便」がある。


エコドライブ

自動車から排出される二酸化炭素の量を抑える運転方法で、アイドリングストップ、タイヤの適正な空気圧、急発進・旧加速・急ブレーキを行わない、共同配送によるトッラク走行台数の削減など10項目の推進事項がある。
ドライバーの努力とともに、デジタル運行記録計(デジタコ)、アイドリングストップシステムなどの機器がある。

ページの先頭へ戻る

 

オリコン

折りたたみが可能なコンテナのこと。使用しないときは折りたたんで縮小可能で、リターナブルコンテナとして使用でき輸送効率を向上させる。

ページの先頭へ戻る