□ トップ > CSR・コンプライアンス

最新のCSR活動報告

門真中学校職業体験学習 門真中学校職業体験学習

門真第四中学校職業体験学習の受入を行いました。

CSRマネジメント

ステークホルダーの皆さまと広い信頼関係を築いていくため、法令遵守はもとより、物流品質・人の安全・安心の徹底及び向上、環境に配慮したサービスの提供、CSRに関する教育・啓発を通じて、社会の発展に貢献できるよう、より一層の努力を続けてまいります。

コンプライアンス

企業は単に法令などの遵守だけでなく、社会的な規範を深く理解した上で、良識を持って行動することを社会から強く求められています。

スーパーレックスは、2002年にCSR・コンプライアンス委員会を設置し、遵法教育と啓蒙活動を行っています。
また社内ホットライン、社外ホットラインを設置し、違法行為、不適切な行動の防止、早期発見・是正を図る相談・報告制度を導入しています。

行動基準

1.健全な事業活動の展開

物流の役割は駅伝でいえば最終アンカー、地味ではあるが信頼された重要な存在。スーパーレックスは信頼に応えて効率的な事業活動の展開と持続可能な質の高い成長を図ってまいります。

 

2.関係法令の遵守

スーパーレックスは、関係法令を遵守し、経営理念の精神に則り、安全に心がけ、社会的良識をもって行動します。

 

3.長期的視野に立った経営

スーパーレックスは、短期的な収益にとらわれず、長期的な視野に立った経営を行い、3PL物流における質的内容の日本一を目指します。

 

4.環境問題への取り組み

スーパーレックスは、環境問題への取り組みは企業の存続と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動します。

 環境自主行動計画についてはこちらから(PDF/163KB) 

 

5.社会貢献への取り組み

スーパーレックスは、経済的主体性はもとより、良き企業市民として積極的に貢献活動に取り組みます。

また、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは断固として対決します。

 

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス推進体制図

 

スーパーレックスは下記の取り組みに参加しています。

チャレンジ25キャンペーン